日本坩堝株式会社のグループ一員となる

このたび弊社では、長期的な視点に立ち、次世代に向けた企業発展を目的に、今後の経営戦略を模索し熟慮を重ねた結果、最良の選択肢として、令和三年四月五日付で日本坩堝株式会社からの資本参加を受け、新たなスタートを切らせて頂くことになりました。

つきましては、これまでの関係各位のご支援ご厚情に感謝し、新任者を始め社員一同、一層の発展に精励いたす所存でございますので、何卒倍旧のお力添えを賜りますようお願い申しげます。